出産費用の貸付ってあるんですか?

出産して申請手続きをしますよね。
それで、国民健康保険から「出産育児一時金」が貰えます。
しかし、出産に際し費用が発生するのは、入院して出産する時だけではないと言うことです。
(汗)この定期健診においても結構お金が掛かりますよね。
そして、定期健診を受けない妊婦もいますよね。
そこで出産する前の親の負担を軽減しようとします。
それで市区町村により出産費用の貸付をしている所があります。
例えばある地域の国民健康保険からの出産費用の貸付例についてです。
出産後に「出産育児一時金」を受給すること出来ると言う世帯主に対し貸付します。
出産育児一金の90%の範囲内において出産費用の資金に出産前に貸付を申し出ることが出来ます。
貸付したお金は出産後に申請手続きをした時に、出産育児一時金と相殺される事になりますよね。
例えば出産育児一時金が42万円と言うことですから、この場合の貸付限度額は90%の378,000円と言うことになりますよね。
そんな違いがあります。
更に貸付を受けられる条件に、出産予定日まで1ヶ月以内であることが挙げられます。
妊娠4ヶ月以上で医療機関へ一時的な支払いとか、例えば検診費用、入院保証金あるいは流産などによる諸費用を払う必要が出来た場合が挙げられます。
そのため便利さがあります。
保険貯金比較