テレビショッピングでにんにく卵黄を購入するメリットとデメリットは?

最近テレビショッピングなどで見かけることが多いにんにく卵黄ですが、自家製にんにく卵黄と市販のにんにく卵黄、どちらが良いのでしょうか。
そこで今回、それぞれのメリットとデメリット見つけ出し、比較してみたいと思います。
まずは自家製にんにく卵黄から紹介しましょう。
自家製のメリットは、お金が殆どかかりませんよね。
原材料は、にんにくと卵だけですので、数百円で作ることが可能になります。
デメリットは室内に充満するにんにくの匂いといったところではないでしょうか。
にんにくの匂いが好きな人なら良いですが、苦手な人にとっては、匂いが取れるまで地獄かもしれません。
なので、自家製のメリットはお金もかからず手軽なこと、デメリットは匂いということがいえます。
市販のにんにく卵黄のメリットは無臭であることです。
自家製と違ってにんにくの匂いが充満することもなく、出先でも気軽に飲めます。
それ故、続けやすいということもメリットの一つですよね。
にんにくと卵黄をベースに、メーカーによっては数種類の栄養素を配合しているので、自家製よりも効果が高いのも嬉しいところですよね。
ですが、デメリットとしてはお金がかかってしまうことでしょう。
市販のにんにく卵黄の平均価格は一袋当たり1300円~2000円、高価なものは5000円を超える商品になります。
一日に換算すると50円~70円程度ですが、自家製よりも割高になってしまいます。
どららでもにんにく卵黄の効果を実感することはできますから、好きな方を選んで大丈夫だと思いますよ。
ですが、私は作るのが面倒なので市販のにんにく卵黄を購入していますけどね。