NISAは軽減税率先駆けって本当?

私たちは生きていくために様々な義務を生じます。
その中の一つに納税の義務があります。
国民から集めた税金により私たち自身が支えられる事も多く、これからも納税の義務は無くなる事はないでしょう。
ただし納税の種類によっては低所得者に負担が行き過ぎるものも存在します。
そこで相対的な税負担を減らすために見当されているのが軽減税率です。
これは既に欧州で実施されており、食料品を中心に消費者の税負担を軽くさせている実績があります。
これに真似て日本での導入も見当されていますが、消費税の増税に伴い様々な議論が交わされています。
そんな中NISAは軽減税率の先駆けとも言える存在で、年間100万円までの株式利益に対して非課税の処置が取られます。
法人ではない一般投資家にとってはかなりの節税となるため、今話題となっているわけです。
ただし2023年までという期限付きのため、少しでも株式で節税したい人は早い内からNISAを利用する事をおすすめします。
nisa子ども名義